不動産を使って相続税対策をしよう

2020年6月4日

知人の父が逝去し、松原の由緒正しい葬儀場での葬儀に参列してきました。墓じまい(改装)での供養に伴い、故人が生前希望していた神奈川の海での散骨を叶えることができたと遺族の方は喜んでいました。
自宅の遺品整理については大阪府で有名な遺品整理業者に依頼して少し落ち着いた頃、不動産相続について相談を受けました。

相続する際に、相続税がかかるかどうかは事前に税理士の方などを通すとすぐに分かります。
相続の相談に乗ってくれる姫路市の弁護士に相談するのも一つの手でしょう。
知人は姫路の離婚専門弁護士に聞いてみたそうです。
相続税を支払う人もいれば、「出来るだけ現状の資産を維持して相続させたい」と考える人もおられます。

相続した土地
相続した土地

現状の資産を維持する方法として、用いられる相続税対策の1つに「土地を買ってアパートを建てること」があります。
例えば、現金1億円を持っていた場合、そのまま相続してしまうと累進課税として5,800万円がかかってきます。
ですが、現金1億円を使って、1億円のアパートを建てたとしましょう。現金をモノに変えることで、相続税評価額は36%くらいまで下がります。つまり、3,600万円の不動産を持っていると判断され、控除の範囲内に収まり、相続税を支払う必要はなくなるのです。
価値としては1億円だけれども、相続税評価額になると3,600万円になる。これをするだけで相続税対策になります。

また、現金1億円をそのまま相続させる方法もあります。
それは、1億円の借入をして土地を買い、アパートを建てることです。
この方法をとると、現金1億円が手元にあっても、負債である借金1億円が財産から引かれるため、相殺されます。つまり、手元には残っているけれど、計算上は消えるため、相続税がかかってこないのです。これを「債務控除」と言います。

この2つを知っていると、最大で現金1億円+アパートの収益を相続させることができます。

PR|マーケティング経営研究.net生命保険の選び方お家の見直ししま専科健康マニアによる無病ライフ住宅リフォーム総合情報英語上達の秘訣AGAでお悩み解決健康に役立つ口コミ情報女性のための薄毛治療研究会会社経営に必要な知恵袋

Posted by souzoku15