不動産相続などで重要な「両親から相続」

不動産の相続を考えるうえで、不動産だけを見て、相続を考えてもなかなかいい方策は見当たらないというのが、私の見解です。両親からの相続の場合において、遺産相続は、2段階のプロセス通して、考えることもできます。ですから、効率よく控除制度を使って、相続を考えたりすることができるのです。
両親のうち最初に相続する配偶者には、1億6千万円までの控除が認められています。ところが、これも大変なところがあり、制度的な手続きをしっかりとしていないと実現できません。ですから、やはり事前の準備こそ、重要な課題であるのです。「相続での節税知識を持っていること」であり、自分なりの正しい方策を考えておくことです。
不動産は、額が大きければ、相続を後にしてもよいでしょう。肝要なポイントは、基本的な控除額が、3000万円と600万円×相続人の数ですから、両親に対して、1回ずつ使うことの方が節税になるということです。この配分計算上において、一番効率の良いものを考えておくことです。

未分類

Posted by souzoku15